FC2ブログ

こころのうつわ~仁to肉の詩ぶろぐ~

熊本の75オンガク事務所に所属してます、ジントニックです。ブログには詩を書きます。たまに歌も動画にのせてアップします。コメントはありがたくちょうだいします。よろしく!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ぶかぶか

きみがせっかく
僕のためにって
持ってくるやさしさは
僕にはいつもぶかぶかで
こっそりクローゼットに
かくしちゃうんだ

たまには
着て欲しいなって
きみはまた
がっかりした顔をする
笑ってきみのやさしさを
受け取れるくらいに
僕が大きければ
いいのに

スポンサーサイト
  1. 2013/04/26(金) 21:37:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

あかり

根拠の、
かけらもない、
きみの、
だいじょうぶ!
が、
ききたい



  1. 2013/04/24(水) 22:49:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

SAD

せっかくきちんと
戸締りをした
あたしの心を
あなたは開けろという

もう何十年も
誰も出入りしていない
その戸口を
あなたは開けろという

あたしにすらわからない
不安の理由を
あなたはどうしても
知りたいと言う


やっとひとりで
生きていけると思ったのに
弱くなって
しまうじゃない

何を
今更
  1. 2013/04/20(土) 22:57:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

サイレン

「今日 疲れてるみたい」って
きみが言う
「うん そうだよ」って
ぼくは答える

それ以上
なにもきかないのは
気遣いなのか
興味が
ないだけか

高望みはしないけど
あのね
もう少し
そばにいて

  1. 2013/04/16(火) 22:30:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

さくらん

がたがたさわぐ
ぼくらを尻目に
さくらは黙って花を落とす
悔やむことも
縋ることもなく
かれらのしごとを
まっとうするべく

春にとらわれず
冬を拒まず
それはそれは静かな所作

頂点も
奈落もない
かれらの姿に
ぼくらはまた
一喜一憂する

  1. 2013/04/14(日) 21:02:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ごちゃごちゃとお知らせ。

お知らせでございます。
明日、4月12日金曜日〜18日木曜日までの間のどれか一日、毎日新聞さんに「ギャンブルと睡蓮」の広告が載ります。
どれか一日です。載るまでわからないそうです(笑)
ワイルドだろーん?

詩集は、取り扱い書店が限られてますので、ネットで買っていただくのがベストかと思います。

Amazonは未入荷のようです。エルパカBOOKSさんは送料無料なので、読んでやってもいいぜって方はぜひこちらからお願いします↓

http://www.hmv.co.jp/artist_%E4%BB%81to%E8%82%89_000000000522540/
(リンクにも貼り付けてますので、ホーム画面からリンクをのぞいてくださいね。)


末筆ながら。
みなさんが、コメントはもちろん、ツイートや、いいね!や、拍手をくださって、本当に本当にうれしいのです。
どれほど力になるか知れません。
仁to肉は、読んでくれるみなさんのこころでできているような、そんな気がします。


あつかったり、さむかったり。
ないたり、わらったり。
そんな春を、どうぞ元気にお過ごしくださいな。


仁to肉
  1. 2013/04/11(木) 18:09:09|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

刀身

鈍いなまりいろした
金属製のあなたの声が
汚れた空の奥へと向かう

僕は見送って
手を合わせる

細い鋼の
あなたの声が
どうか折れてしまわぬように

深く刺さって
抜けないくらい
後戻りができなくなるように

  1. 2013/04/10(水) 02:20:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

Ashtray

あんたは世紀のひねくれ者と
君は笑って言うけれど

どう考えてもお互い様さ

ゆがみくるった僕のなかから
まがりくねった君のなかへと

ああどうか僕の声
まっすぐに行ってね

君の目の前で灰になっても
きりきり舞い降るその燃えさしが
君の肺に届くまで

  1. 2013/04/08(月) 18:45:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

I'd en TT

どこをどう探したって
ニホンジンなんて名前のひとはいないわけで
世界中ひろしといえど
ガイコクなんて名前の国はない

それと同じに
きみなんてひとがどこにもいないような
僕なんてひとははなっから
存在していないような
そんな気持ちになるんだ

生きる意味がどうだとか
社会的地位とか評価とか

僕には幻想に見えてしまうのは
えてしてそんな理由からで

どこへ行くか
何になるのか
そんなものは
二の次だ
ただ
今どこにいるのか
何をしているか
それだけだ
  1. 2013/04/06(土) 12:50:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ジャッジメント

きみに
きらわれる
ほんものと
きみに
あいされる
にせものを
おもむろに
天秤にかける

どちらをえらんでも
正しくなどなれないのに
性懲りもなく
裁判ははじまる

  1. 2013/04/02(火) 04:00:02|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。