FC2ブログ

こころのうつわ~仁to肉の詩ぶろぐ~

熊本の75オンガク事務所に所属してます、ジントニックです。ブログには詩を書きます。たまに歌も動画にのせてアップします。コメントはありがたくちょうだいします。よろしく!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

えんじる

大声で泣いたあの日から
君はなにかを断ち切ったように
感情をそとに出さなくなった

笑ってみせても
怒ってみせても
その冷めた眼はいつも
僕を越えた遠くを見ていて


それが哀しくも
小気味良くもある


きっと君はもう
何時や
何処や
誰という
枠組みに関わることをやめ

その先の何かを目指すために

最期の最後まで
人間という君を
演じると決めたのだろう


それが哀しくも
美しくもある

君が演じている君よりも
ずっと優しく
美しく在る

スポンサーサイト
  1. 2013/06/26(水) 21:09:34|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<最終電車のゆくえ | ホーム | 雪のひとわん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ginto29.blog.fc2.com/tb.php/105-dcc1332b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。